1. HOME
  2. 目の病気と治療
  3. 目の病気と治療

目の病気と治療

目の病気といえば、白内障を思い浮かべる方が多いと思います。
しかし、白内障以外にも目にはさまざまな病気のリスクがあります。
以下に代表的な目の病気を解説いたしますが、少しでも目に違和感があったり、見えにくさを感じたときは、ぜひ一度、眼科医の診察をお受けになることをおすすめいたします。

白内障

白内障とは、目の中のレンズが濁ってしまった状態で、そのほとんどが老化現象です。
症状としては、モノが見えにくい、まぶしい、2重に見えたりします。網膜や視神経に異常がなければ、手術を受けることで見やすくなります。

涙目・鼻涙管閉塞

涙を流す『涙点』。上下2ヵ所あるこの涙点と鼻をつなぐ管が鼻涙管です。ここがつまると、常に涙が流れ続けるような症状が起こります。

眼瞼下垂

眼瞼下垂は上まぶたが垂れ下がった状態のことです。加齢によるものが一番多いですが、最近はコンタクトレンズ長期装用による眼瞼下垂も増加しつつあります。当クリニックでは眼瞼手術専門の医師が担当いたします。

ドライアイ

涙の量の不足や成分変化によって、目の表面に傷が生じる病気です。治療は涙の成分に近い目薬とヒアルロン酸が入っている点眼液で行います。場合によっては涙点を閉鎖して、涙を目の表面に十分ためる治療もあります。

緑内障

緑内障とは視神経が障害され視野が狭くなる病気です。治療は薬物療法、レーザー治療、手術治療の3つに大別されます。
基本的に原因を取り除き、改善しなければ眼圧を低下させて視力や視野の悪化を食い止めます。

霰粒腫

通称「めいぼ」とも呼ばれます。
治療は時期によって変わりますが、抗生物質の点眼や炎症止めの弱いステロイド剤の点眼や軟膏のみで治る場合がありますが根本的治癒には手術が必要となることもあります。

翼状片

紫外線やほこりが原因ともいわれます。
鼻側から角膜に向かって血管をともなった増殖組織が伸び、つねに目が充血しているように見えます。
進行すると乱視が生じることもありますので、早期からの経過観察が必要です。

飛蚊症

目の前を黒い物が飛ぶことの総称です。
蚊だけではなく、ハエや水玉、はたまたゴミや糸くずなど、人によって色々な形が見える場合もあります。
原因の主なものは、眼球の硝子体の濁りです。原因の大部分は加齢によります。

お問い合わせ

075-611-9878

診療曜日・時間、手術に関する
お問い合わせはこちらからどうぞ。

診療時間

午前 / 9:00~12:00

午後 / 16:00~19:00

※ 火曜日午後は手術日

休診日 / 木曜午後・土曜午後・日曜・祝祭日

お盆休みは
8/11(金)~8月17日(木)
が休診となります。

交通・アクセス

京都市伏見区御香宮門前町184番地3
蔵響館(クラシックカン)I1階

近鉄桃山御陵前駅・
京阪伏見桃山駅すぐ
正面無料駐車場完備(提携Pあり)