1. HOME
  2. 目の病気と治療
  3. 当クリニックの器械・器機

当クリニックの器械・器機

最新の器械・器機で安心の手術を

NIDEK社製 NAVIS-CL(電子カルテ)

当院では全面電子カルテを導入しております。検査データや眼底写真などが表示・保存できる機器です。患者さまにも写真等を見ていただくことができるため、より詳しい説明が可能です。

ZEISS社製 IOLマスター

通常、白内障手術時に挿入する眼内レンズ度数の計算は超音波Aモードという機器を用いますが、IOLマスターはそれよりも更に精度が高く、患者様の希望される術後屈折度数に、非常に高い確率で合わせることが可能です。

ZEISS社製 OCT

OCTとは日本語で言うと光干渉断層計(optical coherence tomograph)。近赤外線を利用した眼底の検査機器で、これまで知りえなかった網膜の断面の観察が出来るようになり、網膜疾患、特に黄斑部病変の診断が今までとは比較にならないほど早期かつ正確に下せるようになりました。
OCTがあるないで網膜の病気の診断力が大きく変わるといっても過言ではありません。ZEISS社製のOCTの中でも最上級モデルを導入しており、フーリエドメイン方式によって極めて短時間で撮影でき、また加算方式により非常に正確な断面像が分かります。
検査の時にまぶしいということもなく、患者さまの負担もほとんどございません。

NIDEK社製 トノレフ

今まで、近視遠視を測定する屈折度数を測定する機器と目の固さ(眼圧)を測定する機器は別々で、それぞれ測定するために患者様にはいちいち移動していただいてましたが、NIDEK社のトノレフは一体型ですので、わずらわしい移動の必要がございません。
眼圧測定の際に目にあてる風量も昔よりもかなりマイルドになっており、患者さまのご負担も随分減っております。

KONAN社製 内皮スペキュラー

角膜の内側の細胞の数を調べます。この細胞は再生能力がなく、特に白内障手術前の検査としては必須となります。またコンタクト歴の長いかたもこの細胞数が減少するといわれております。

ZEISS社製 ハンフリー視野計

見える範囲(視野)を測定するための機器です。緑内障の早期診断、および診断後の経過を継続的にみるために重要な検査となります。
一般的に視野検査は、ゴールドマン視野計(GP)と、ハンフリー視野計(AP)の2種類があります。当院はどちらの視野計も導入しております。

Lumenis社製 マルチカラーレーザー

糖尿病網膜症、網膜裂孔や初期の網膜剥離の治療に使用いたします。

Lumenis社製 YAGレーザー手術装置

白内障手術後にしばしば発生する後発白内障を治療するためのレーザー装置です。

お問い合わせ

075-611-9878

診療曜日・時間、手術に関する
お問い合わせはこちらからどうぞ。

診療時間

午前 / 9:00~12:00

午後 / 16:00~19:00

※ 火曜日午後は手術日

休診日 / 木曜午後・土曜午後・日曜・祝祭日

お盆休みは
8/11(金)~8月17日(木)
が休診となります。

交通・アクセス

京都市伏見区御香宮門前町184番地3
蔵響館(クラシックカン)I1階

近鉄桃山御陵前駅・
京阪伏見桃山駅すぐ
正面無料駐車場完備(提携Pあり)